理学療法士が建築家を目指してみた

「理学療法士」兼「介護支援専門員」の30代後半の医療介護福祉従事者が、「建築家」を目指し一念発起。住まいや環境などについて考えたことや、自分自身の考え方などを発信していくブログにしていこうと考えています。医療介護福祉関係の方、建築関係の方問わず、様々な意見を頂ければ幸いです。また、30代後半からの転職を考えている方にも何か参考になることがあればと思います。

自己紹介です。

※2021年4月29日更新

 

私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

はじめまして。

國生 満(こくしょう みつる)

と、申します。

 

私のこと(2021年4月現在)について書かせていただこうと思います。

 

 

生誕

昭和58年(1983年)、鹿児島県鹿児島市にて生まれる。

生誕以後、今回の大阪転居に至るまで30数年鹿児島県内にて過ごす。

 

 

経歴

 平成14年 鹿児島県立鶴丸高等学校 卒業

      ~ 一年浪人生活 ~

 平成15年 鹿児島大学医学部保健学科理学療法学専攻 入学

 平成19年 理学療法士免許 取得

      鹿児島大学大学院保健学研究科博士前期課程 入学

      鹿児島市内の病院に勤務

 平成21年 大学院前期課程 修了

 

 平成24年 指宿市内の病院に勤務

 平成30年 介護支援専門員の資格を取得

      理学療法士 兼 介護支援専門員 として勤務

 平成31年 介護支援専門員 専従として勤務

    令和2年  大阪工業技術専門学校 建築II部(夜間) 入学

      大阪府内の病院で理学療法士として勤務しながら夜間通学の生活

      宅地建物取引士の資格を取得

  令和3年 2次元CAD利用技術者試験2級の資格を取得

      2級建築施工管理技術検定(学科のみ)に合格

      アーク溶接作業特別教育を修了

      日商簿記3級の資格を取得 ←今ここ

 

 家庭

 妻 と 子供3人(5歳、3歳、1歳) +犬(ミニチュアダックス

の 5人+1 の家族。

 令和2年4月より、通学のため単身大阪へ。妻と子供たちと愛犬は鹿児島生活。

 

 

 理学療法士及び介護支援専門員として、医療介護福祉の業界で仕事をしてきた私ですが、現在までの経験を活かして建築という新たな分野で自分にできることはないか?ということを模索していこうと考えています。

 

 

 私が建築関係への転職を考えた理由などについては以下の記事をご参照ください。

ms-trss.hatenablog.com